柔道整復師ってどんな資格?

柔道整復師のルーツ

柔道整復術は、柔術に含まれる「活法(かっぽう)」の技術を応用して、骨・関節・筋・腱・靭帯などの原因によって発生する骨折・脱臼・捻挫・挫傷・打撲などの損傷に対し手術をしない「非観血的療法」という独特の手技によって整復や固定を行い人間の持つ自然治癒能力を最大限に発揮させる治療術の事をいいます。

柔道整復術の源流は戦国時代の武術にたどることができ、武術の書物には「殺法」「活法」の記述が残っています。殺法は敵を殺傷する技、活法は外傷を治療する技術であり、殺法と活法は時代とともに発展・変遷をとげてきました。

そして殺法と活法の内、活法が発展して現在の柔道整復術になったと言われています。

江戸時代になると、接骨術は中国医学に基づく骨継(ほねつぎ)(高志鳳翼/著「骨継療治重宝記」)、西洋医学に基づく華岡流整骨術(せいこつじゅつ)(華岡青州)、日本独自の骨継療治(ほねつぎ)(各務文献/著「整骨撥乱」「整骨新書」)がそれぞれ確立されたといわれています。

明治維新後の1881年(明治14年)、漢方医学廃止によってそれまでの接骨術が顧みられなくなったため柔道家を中心に1912年(明治45年)運動が起こり、1920年(大正9年)の内務省令によって柔道整復術として公認されました。そしてその技術をもつ者が柔道整復師として認定さました。時が経った1970年(昭和45年)柔道整復師法が成立、1989年(平成元年)に国家資格となりました。

柔道整復師の業務範囲

国家資格である柔道整復師ですが、医師とは違い手術や投薬は認められていません。

あくまで医療の補助的な立場で患者が本来持つ治癒力を最大限に発揮させ、骨折や脱臼(※)、打撲などの痛みを緩和し回復に向かうような施術を行ないます。※骨折、脱臼の施術は医師の同意が必要です。

例えば骨折の患者に対して、応急処置の範囲内でシーネやテーピングで患部固定をする事が出来ます。そして、医療機関と連携を取り、患者に受診を促します。

捻挫、打撲を含め、柔道整復師の施術には、例えば協会けんぽ、国民健康保険、学校共済組合、防衛省共済組合、会社の健康保険組合など、各種健康保険を利用しての施術が可能です。

単なる肩こり、筋肉疲労などに対する施術は保険の対象になりません。このような症状で施術を受けた場合は、全額自己負担になります。病院、診療所などで同じ負傷等の治療中は、施術を受けても保険等の対象にならない等、全ての場合に利用できる訳ではありませんので注意が必要です。

厚生労働省「柔道整復師等の施術にかかる療養費の取扱いについて」

多くの柔道整復師は、慢性的な症状に対しての施術も行っており、その場合は健康保険を使えません。その場合は、各柔道整復師が定めた施術料金による自費施術になります。

当サイトが取り次ぐ全ての柔道整復師は自費施術を行っております。