鍼灸師ってどんな資格?

鍼灸師のルーツ

鍼灸医学は今から二千年以上前に、古代の中国で誕生しました。 鍼やモグサを用いた治療(灸)については戦国時代の文献に登場し、身体を流れる気のルート(経脈)に関する記述も紀元前2世紀頃に作られた文献にみられます。

鍼灸の知識は6世紀頃、朝鮮半島から日本に伝えられ、その後律令制度が整えられる中で、「鍼博士」、「鍼生」といった官職が鍼灸を扱う医療職として設けられました。
平安時代までは灸治療が中心で、鍼は主として外科的な処置を行う際に用いられたようです。平安時代の貴族の日記には灸治療のことがしばしば書かれていますし、戦国時代の武将たちもお灸をすえて戦に赴いたようです。

明治時代の初期までの長い間、漢方薬と共に医学の主流として広く人々に活用されてまいりましたが、幕末のオランダ医学(西洋医学)の伝来によって次第に衰退を余儀なくされてきました。

その後、明治政府の欧米化政策により1874年、日本の医学を西洋医学とする立法が制定され医学の主流は西洋医学に変わる事となります。その理由として東洋医学は内因性の病気には、その特徴を生かし治療効果もそれなりに評価されてきましたが外因性のもの(外傷)にたいしては効果が遅いことが挙げられます。特に、戦場などで受けた外傷に対しては、西洋医学の外科の方がはるかに役立ちましたから東洋医学が軽視されたとも云われています。しかし、最近では、公的な医学研究所・医科大学・鍼灸大学や鍼灸短期大学・医療機関等で科学的な各種の実験、研究がされて少しづつ鍼灸医学の効果が証明されてきましたので、日本をはじめとして米国やヨーロッパ各国でも鍼灸が盛んになってきました。

※参考

東京有明医療大学「鍼灸の歴史」

公益社団法人日本鍼灸師会「鍼灸ってなんだろう」

鍼灸の治療って?

鍼灸は、身体に問題がある患部や経穴(ツボ)に鍼や灸を用いて、刺激を与え、病気の治癒や予防をめざす治療方法です。人が本来持つ自然治癒力や免疫力を高めて治療から病気やケガの予防まで行います。
私たちの身体には361箇所のツボが存在すると言われています。東洋医学の専門用語では「経穴」と呼ばれており、刺激すると症状を緩和し、弱った機能を回復させます。ツボの大きさは一般的に500円玉ほど。その範囲で刺激をすれば、ある程度の効果が見込まれますが、人によって最も有効なポイントは異なります。

痛くないの?

ツボの刺激には鍼を刺します。「はりを刺す」と聞くと痛いイメージがあるかもしれませんが、鍼灸で用いる鍼の太さや先端の形は注射針とは異なり、刺しても痛みはほとんどありません。

注射針の太さは約0.7~0.9㎜。対して、鍼灸でよく使われる鍼は0.14~0.34㎜と注射針の約3分の1の太さ。刺したときに皮膚の抵抗が少なく、痛みもほとんどありません。
先端の形も工夫されています。皮膚や血管を破るために、先端がナイフのようにカットされている注射針に対して、鍼灸の鍼は皮膚や筋繊維の間をかき分けて入るように、先端が丸みを帯びています。

鍼灸の資格について

鍼灸師は、はり師・きゅう師の国家資格を有する東洋医学の専門家です。資格は「はり師」「きゅう師」で分かれており、高校卒業後に3年以上の鍼灸師養成施設(大学や専門学校)で学び、同時に取得するのが一般的。国家試験の合格率(全国平均)は、両資格とも例年70〜80%程度です。鍼(はり)や灸(きゅう)を用いて、刺激を与え、病気の治癒や予防をめざす医療技術職です。

人が本来持つ自然治癒力や免疫力を高めて治療するため副作用が少なく、赤ちゃんから高齢者、トップアスリートや妊婦さんまで幅広いニーズがあり、多くの場面で応用されています。その効果は、世界的にも注目されており、アメリカやヨーロッパの医療関係者からも注目されています。

※参考

学校法人森ノ宮医療学園「鍼灸を知る」